archive: 2017年05月  1/1

10 フラワーBOX ダリア(100均アレンジ⑤)

私の若い頃はお菓子を買ったりすると箱や缶箱を残していろいろ使ったものですが、最近は100均で種々な型の箱が買えるので便利です♪お友達のプレゼントに花束だと高いけど、箱詰めだととても安く出来るし見た目もとても100均とは思えません。お花も大きめのをポイントで使うと少しの種類で収まります。今回は“ダリア”が主役です!****************************** 〜〜ダリアについて〜〜〜〜...

  •  0
  •  closed

9 エコで作るアロマディフューザー

若い人たちにとても人気なアロマ。アロマディフューザーって舌がもつれそうですがいろんなお店に置いてあり、初めて見た時はなんでこの棒がいるの?って感じでした。お店の方に棒だけ欲しいと言ってもどこも販売していなくて竹串では短くて100均で “す巻き(のり巻きに使う竹の巻物)” を見た時にやったあ!と思って作ったエコな作品です。毎日飲む缶コーヒーってプリントが多くメーカーによって2〜3種類ラベルがはがせるふ...

  •  0
  •  closed

8 ビーズのブローチ

『la droguerie ラ・ドログリー』というパリの服飾雑貨のお店があります。ボタン・ビーズ・金具・糸・ブレード、そしてフェルトまでまるで不思議の国みたいな色と形が迎えてくれるステキなお店です。ただパーツとしてはちょっと高級だけど自分のご褒美と思ってまあまあまあって言い聞かせてしまいます(-∀-)この5cmほどのミニブローチはこの不思議な型の金具から始まりました。花器に使ってビーズを生けるといったらお店の方に「は...

  •  0
  •  closed

7 100均のもので出来る造花アレンジ

私の変な癖が1つあります。それは外食をするとお皿のソースの色を頭の中で調合してしまうことです。特にひどいのはフレンチです。あの色はナンバー指定が出来ない微妙な色です。魚介類や野菜の出す自然の神がかりのような色使いはサンプルとして持ち帰りたくなります(-∀-)でも今回は逆で、盛りつけから来た作品です。白の丸皿にほうれんそうのソースの上にまるで白身魚のようにお花を使いましたふちどりのゴールドでちょっとグレ...

  •  0
  •  closed

6 グラスリッツェン(手彫りガラス)

初めて聞く方もいらっしゃると思うので少し説明します。グラスリッツェンとは…ホルダーという持ち手の先端にダイヤモンドの微粒子がついた針を付けて鉛筆でを描くようにガラスに手彫りする作品です。その伝統はとても古くてヨーロッパの伝統工芸といわれています。日本では100年前ぐらいに伝わったらしく私が初めて見たのが30年前でした。機械を使う江戸きりことは違ってとても繊細で細いペン先です。柄は植物が多く、とても...

  •  0
  •  closed

5 手染めの小花

買い物をしていてお買い得の食材が先に決まりそれからメニューを考えたりしませんか?バーゲンで洋服を買ったけどコーディネートが迷って靴やバッグが決まらないとかの衝動買いです。私もこの小さなガラスの花器を衝動買いしました。それも可愛くて4色も買い、ずっと飾るだけの月日を過ごしました。そんな衝動買いから生まれた作品です。でもやっぱり緑があったのでしょうね。とても可愛く咲いてくれました。〜材料〜〜〜〜〜 シ...

  •  0
  •  closed